大切な住まいについてのこと

住まいで幸せに暮らすために 住まいというところは、そこで生活をする方々にとっては、とても大切で、とても重要な場所のように私は思います。私たち家族の住まいは、数ヶ月前から変化しました。以前までは、とある賃貸アパートを借りて生活をしていましたが、今現在は、一戸建てを購入し、そこを新しい住まいとして生活をしております。住まいは、そこで暮らすことから私達の思い出の中に深く印象深く残る場所です。一戸建てに引っ越しをしてきて、新たな生活を始めてはいますが、私たち家族の思い出の中に、賃貸アパートでの生活はきちんと記憶として残されています。古くていろいろと不便のあった賃貸物件ではありましたが、私達家族にとっては、かけがえのない、ひとつだけしかない住まいでした。

あの頃の思い出は、その住んでいた賃貸物件でしか作ることが出来なかった、残すことが出来なかったものだと私は思っています。住まいが新しくても古くても、どのように生活していくかで住まいに対する思いは変化していきます。私は、いつまでもこの住まいを大切にしていきたいと思います。私達家族が、今現在住んでいるこの住まいを愛していけば、きっと、家自体もそれに共鳴してくれるように思います。とても不思議な話ではありますが、心のなさそうなものだとしても、そういった気持ちを抱くことがとても大事なんだと私は思っています。素敵な住まいづくりをこれからもしていきたいと思っています。これからどうなっていくのか、とても楽しみです。
Copyright (C)2022住まいで幸せに暮らすために.All rights reserved.